ひろとんの認知症予防系ブログ

忘れたっていいじゃない。また思い出せばいい。

【号泣】LA LA LAND ラ・ラ・ランド ラストであふれだす涙のわけ※ネタバレあり

うう、うう。

 

感動。

 

詳しくはwebで

 

寝かせてください、ひろとんです。

 

金曜ロードショーラ・ラ・ランドやってましたね。※2019/2/8

 

録画、やっと見ました。

 

 

 

1.はじめに

f:id:yohohon:20190211162657p:plain

http://gaga.ne.jp/lalaland/index.html

ラ・ラ・ランドという映画を知っていますか?

 

詳しくはウィキペディアをご覧ください。

ラ・ラ・ランド』は2016年最高の映画のひとつとして大好評を得た。評論家はチャゼルの脚本・監督、ゴズリングとストーンの演技、ジャスティン・ハーウィッツの映画音楽、ミュージカル・ナンバーを賞賛した。第74回ゴールデングローブ賞ではノミネートされた7部門すべてを獲得し[10]第70回英国アカデミー賞では11部門でノミネートを受け、6部門を受賞した。第89回アカデミー賞では『タイタニック』(1997年)、『イヴの総て』(1950年)に並ぶ史上最多14ノミネート(13部門)を受け[11]監督賞主演女優賞エマ・ストーン)、撮影賞作曲賞 、歌曲賞(『シティ・オブ・スターズCity Of Stars)、美術賞の6部門を受賞した。

ラ・ラ・ランド - Wikipedia

 

 

2016年最高の映画とも呼ばれていたらしいです。

 

その映画がついに地上波初放送しました。

 

私は以前に1回アマゾンプライムビデオで見たのですが、改めて地上波で見てきました。

 

録画なんだけどね!!

 

そんなラ・ラ・ランドのレポートや魅力をお伝えできたらなっておもいまぅ。

 

 

2.どんなジャンルか?

ラブ夢物語ですかね。

 

 

そんなジャンルがない??

 

しらんわそんなん。

 

夢を追う男女の話ですもん。

 

だから、

 

ラ・ラ・ランドのジャンルはラブ夢物語です。

 

3.どんな話か?  ※めちゃネタバレ

主人公男=セブ、女=ミアです。

セブはジャスがすきなピアノマン。夢はジャズバーを作ること。

ミアはおばあちゃんに影響されて女優になるのが夢。

 

この2人が夢を追い葛藤する、現代的な物語です。

 

そして、この物語では、物語の進み具合が春夏秋冬で表されます。

 

1.最初(オープニング・プロローグ)

最初に、高速道路の渋滞で車に乗っているときにセブとミアが出会います。

 

この時は2人とも何とも思っていません。

 

 

2.春

春が来ます。

春は出会いと別れの季節とかいいますよね?

 

そう。出会っちゃいます。

「あなたたちは運命ですか?」って問いかけたいくらい出会います。

 

そして、視聴者(私たち)は「あっ、絶対付き合う奴や」と心の奥底で確信したころになります。

 

付き合うか、付き合わないかといったら、、、、

 

 

 

 

 

YESでしたね。

 

これは映画を見ればわかることです。

ここで、付き合っていることがわからなかったあなたは勉強が足りていません。

もう一度ラ・ラ・ランドを見てください。

 

ラ・ラ・ランド(吹替版)
 
ラ・ラ・ランド(字幕版)
 

 

 

3.夏

先ほどは春でしたが、時間は進んで夏です。

 

なんかいもデートを重ねるイケメンとイケジョ。

 

ですが、「早くわかれろっ」なんて思ってはいけませんよ?

 

これは映画です。

 

心を無にしてください。

 

決して私情なんて持ち込んではいけません。

 

映画館に入る前に、私情は置いていきましょう。

 

 

夏になりセブとミアそれぞれに進展があります。

 

セブはバンドで成功してくるようになります。

一方、成果が出ず批判ばかりされて心が折れかかっているミア。

 

このあたりから、2人の関係が冷え込んできます。

 

どちらも愛しているのに、心に余裕がないことでいろいろなすれ違いが起きてしまいます。

 

 

夏は変化が多く、目が離せません。

 

瞬きなんてもってのほか。

 

瞬きしたいなら他に行ってください。

 

 

4.秋

だんだん気温も下がってくる季節です。

 

そんな頃、2人の関係はというと、、、

 

 

あまりよくありません。

 

セブは夏から変わらず、どんどん人気になっていき、忙しさも増してきます。

 

しかし、ミアはというと、売れるわけでもなく、心も体も衰弱していき、どん底にいます。

 

 

もう二人の関係は終わってしますのか??

 

 

そんなとき、ミアに転機が訪れます。

 

女優の夢に手が届くところまで行きます。

 

これにより2人はどちらも上がり調子。

 

関係も回復します。

 

そして、、、、

 

5.5年後の冬

ミアは大女優になっており、セブではない、夫がいました。

 

一方のセブは、夢であったお店を開いていて、お店は大人気。

 

おっと??

 

「ミアとセブの関係が終わっているではないか」

 

なんかあったんですかねえ?

 

 

そして、ミアが夫と夕食を食べに行くんですが、ここで高速道路を走るが大渋滞。

 

冒頭で大渋滞していた高速道路がよみがえります。

 

「渋滞が嫌だ」とミアはいい、高速道路から降ります。

 

近くの町で車を停め、お店を探して歩いていると、

 

いい雰囲気で、ジャズが流れるお店があるではありませんか。

 

流れるようにお店に入ります。

 

すると、セブがいるではありませんか。

 

そしてピアノを弾いてくれます。

 

思い出の曲ですね。

 

そして、【もしあの時ああなっていたら】の回想が始まります。

 

この回想では、セブとミアの幸せな様子が流れます。

 

と、ここで涙

 

感動です。

 

何で幸せにならなかったんだよおおおって思いながら、

 

 

そんな映画です。

 

 

4.まとめ

最後の最後で泣かせてきます。

 

うっとりしてしまう。

 

ラ・ラ・ランドいい映画です。

 

愛、そして感動な映画です。

 

映画はよくわからない場面もありますので、2回は見たほうがよいかと思います。

 

おすすめできる最高の映画でした。

 

 

ラ・ラ・ランド(字幕版)
 

 吹き替え版ではなく、俳優、女優の生声を楽しめる、字幕版がおすすめです。

 

 

あと、ラ・ラ・ランドでこの曲が好きです。

みみにのこります。

 

あと、泣けます。

youtu.be

 

 

 

じゃああのおお

f:id:yohohon:20190204192320p:plain